八千代座

名称八千代座
読み方やちよざ
概要明治43年に市民によって建てられた芝居小屋です。国の重要文化財に指定されました。歌舞伎や市民による発表の場として愛され続けています。
種別国指定 建造物
所在地山鹿市 山鹿
指定日昭和63年12月19日
所有者山鹿市
webサイト参考サイト(公式など)

探訪メモ

昭和時代に入り、芝居や映画上映などで賑わいましたが、一時期利用されなくなり、雨漏り等があったと聴きます。そのような状況にもなった八千代座ですが、山鹿の有志の方々が再復興を目指し、現在では歌舞伎や落語、講演会など様々な公演が行われるようになりました。

タイトルとURLをコピーしました