下梶屋八竜宮の竜

名称下梶屋八竜宮の竜
読み方しもかじやはちりゅうぐうのりゅう
概要江戸時代、1804-1817年頃の作だと考えられています。地元の名工であった甚三がりゅうに襲われる夢を見て彫ったといわれています。龍が逃げないように天井に釘で打ち付けてあるそうです。
種別市指定 彫刻
所在地山鹿市 鹿本町 下梶屋
指定日昭和49年10月29日
所有者下梶屋区
webサイト

探訪メモ

タイトルとURLをコピーしました