大塚古墳(津袋古墳群)

大塚古墳もしくは、津袋大塚古墳(つぶくろおおつかこふん)

 

津袋古墳群に属する大塚古墳です。

直径32m、高さ5mの円墳です。

ここは整備されていて、時々、周囲と墳丘の頂上がきれいに草刈りされます。

この場所はわりと広いために、草刈りが大変そうです。

この写真は2010年4月23日の写真ですが、2020年6月もきちんと刈られていました。

 

墳丘の東側にある一号棺

ここで長持形石棺が見つかり中には三体の人骨があったそうです。

 

墳丘の南側にある二号三号棺

 

手前が2号、奥が3号と2つ並んでいるようですが、目を凝らしてみても、どれがそうなのか分かりませんでした。

 

こちらは2010年に行った時の2号3号棺の写真です。タケノコの前あたりが3号棺でしょうか。

なお、このタケノコ、後に倒された模様です。

竹は根で破壊してしまいますからね。

 

一本松公園川から見た津袋大塚古墳。

綺麗な形をしています。

 

場所は県道9号線の一本松公園との交差点の角です。

ここを中心に津袋古墳群が点在している感じです。

〒861-0302 熊本県山鹿市鹿本町津袋

関連記事

津袋古墳群と一本松公園

タイトルとURLをコピーしました