中川八幡宮鳥居の透かしを持つ懸鏡

名称中川八幡宮鳥居の透かしを持つ懸鏡
読み方なかがわはちまんぐうとりいのすかしをもつかけかがみ
概要安土桃山時代、天正18(1590)年の銘がある懸け鏡(掛け鏡)です。鳥居の形をした透かしがあります。
種別市指定 工芸
所在地山鹿市 鹿本町 中川
指定日昭和63年1月27日
所有者中川八幡宮
webサイト

探訪メモ

タイトルとURLをコピーしました