持松塚原古墳

名称持松塚原古墳
読み方もちまつつかばるこふん
概要古墳時代後期の古墳です。墳丘の大部分は失われていて規模や形は不明です。幅1.7mの石棺が残されています。
種別県指定 史跡
所在地山鹿市 鹿央町 持松
指定日昭和48年8月27日
所有者個人
webサイト

探訪メモ

タイトルとURLをコピーしました