「古事記伝」写本

名称「古事記伝」写本
読み方こじきでんしゃほん
概要一ツ目神社の神主だった帆足長秋と娘の京が写した本居宣長の『古事記伝』の写本です。1805年に写本が開始され1818年に完成、現在も44巻が全てが残っています。
種別県指定 書跡
所在地山鹿市 山鹿 鍋田(博物館)
指定日平成5年3月17日
所有者個人
webサイト

探訪メモ

タイトルとURLをコピーしました