川西の宝篋印塔

川西の宝篋印塔
名称川西の宝篋印塔
読み方かわにしのほうきょういんとう
概要1314年、鎌倉時代に建造された現存する中で県内最古の宝篋印塔です。この地を治めていた内田氏が建てたもので、上部は欠損しているものの高さは2.68mあります。
種別県指定 建造物
所在地山鹿市 菊鹿町 下内田
指定日平成9年10月20日
所有者
webサイト

探訪メモ

タイトルとURLをコピーしました