方保田東原遺跡

方保田東原遺跡
名称方保田東原遺跡
読み方かとうだひがしばるいせき
概要弥生時代から古墳時代前期の県内最大規模の集落跡です。土器やガラス玉のほか、青銅器なども出土しました。
種別国指定 史跡
所在地山鹿市 山鹿 方保田
指定日昭和60年2月19日 平成18年7月28日
所有者山鹿市ほか
webサイト参考サイト(公式など)

探訪メモ

タイトルとURLをコピーしました