円通寺口の岩地蔵

名称円通寺口の岩地蔵
読み方えんつうじぐちのいわんじぞう
概要天正15(1588)年ごろ彫られた磨崖仏。肥後国衆一揆の際に亡くなられた方を供養するために縁者が刻んだものと伝えられています。現在は10基程度が確認できるそうです。
種別市指定 史跡
所在地山鹿市 山鹿
指定日昭和50年2月28日
所有者個人
webサイト

探訪メモ

タイトルとURLをコピーしました