凡導寺跡善光寺式一光三尊立像

名称凡導寺跡善光寺式一光三尊立像
読み方ばんどうじあとぜんこうじしき いっこうさんそんりゅうぞう
概要江戸時代、享保18年(1732)年作、銅鋳造りの三尊像です。中央に阿弥陀如来、左に観音菩薩、右に勢至菩薩となっています。
種別市指定 彫刻
所在地山鹿市 山鹿 蒲生(凡導寺)
指定日昭和48年6月10日
所有者蒲生区
webサイト

探訪メモ

タイトルとURLをコピーしました